女性会活動報告

ホーム活動報告 > RE START「再始動」七夕まつり160万人を動員(平塚女性会)

RE START「再始動」七夕まつり160万人を動員
(平塚女性会)


平塚商工会議所のダイナミックな七夕飾り

 平塚商工会議所女性会は7月6~8日、平塚市制80周年を記念して開催された「第62回湘南ひらつか七夕まつり」の会場で、さまざまなボランティア活動を実施した。

 昨年は東日本大震災の影響で祭りの規模を縮小したが、今年は通常どおり開催。RE START(再始動)をテーマに各種イベントが繰り広げられた。当日は、震災からの復興やロンドン五輪での日本勢の活躍など、さまざまな願いを込めた豪華絢爛な七夕飾り約500本が中心街を彩り、子どもたちが夢や願いを託した短冊も飾られた。

 同女性会は、湘南ひらつか七夕まつり実行委員、ならびに七夕市民サポーターズ委員会に所属。期間中は、観光案内をはじめ、プログラムやクリーンキャンペーン用の手提げ袋の配布などを、平塚商工会議所青年部(YEG)や地元の高校生らとともに行った。

 さらに同女性会は、毎年七夕飾りを掲出。今年は「花と緑の街ひらつか 香りと笑顔をあなたに」をテーマに制作し、七夕飾りコンクール準入選に輝いた。

 同女性会の平野恵美子会長は「160万の観光客に、七夕飾りの美しさを堪能していただくことができて、本当に良かった。今後も女性ならではの発想で積極的に七夕まつりを盛り上げていきたい」と意気込みを語った。

活動報告一覧に戻る

このページの先頭へ