女性会活動報告

ホーム活動報告 > 女性のアイデアが〝ピリリッ〟山椒を使った菓子が大好評(海南女性会)

女性のアイデアが〝ピリリッ〟
山椒を使った菓子が大好評(海南女性会)


「海南ならではの味を、ぜひお試しください!」と呼びかける女性会メンバー

海南商工会議所女性会が開発し、6月に発売を開始した、山椒を使った一口サイズの餅「爽そうざんしょ」が話題を呼んでいる。
 これは、昨年、同女性会メンバーと同所の角谷勝司会頭が意見交換会を行った際、「海南には家庭用品や漆器などの地場産業はあるが、名産品がない。和歌山県が日本一の生産量を誇り、海南でも多くつくられている山椒を使った名産品づくりに取り組んでみてはどうか」と角谷会頭から提案を受けたのがきっかけ。早速、同女性会の有志が「サロン」を結成し、市内の和菓子店・総本家駿河屋と共同で開発を始めた。
 メンバーは、自ら菓子を手づくりして試食を重ねたり、イベントに茶店を出したりしながら、さまざまな味を研究。「山椒のピリリッとした辛味をもっと利かせてほしい」といった、〝和菓子は甘い物〟という老舗和菓子店の常識を覆す大胆な提案も飛び出した。
 こうして完成した一品は、後味が爽やかな山椒の風味から「爽ざんしょ」と命名。鮮やかな青実山椒をイメージしたオリジナルパッケージも製作した。
 同女性会の神出(じんで)美千子会長は、「紀州・海南が山椒の里だと全国にアピールし、〝爽ざんしょ〟とともにまちをPRしたい。サロンの活動も続けて、今後も多彩な商品を開発していきたい」と語っている。

活動報告一覧に戻る

このページの先頭へ