女性会活動報告

ホーム活動報告 > 【復興支援】避難生活を送る家庭に地元の銘菓を寄贈(高梁女性会)

【復興支援】避難生活を送る家庭に地元の銘菓を寄贈(高梁女性会)

 高梁商工会議所女性会は、高梁市内で開催される「愛らぶ高梁ふれあい広場」に毎年参加し、バザー品の販売や喫茶コーナーを実施しているが、昨年からは東日本大震災で被災した地域の復興を支援しようと、東北の物産品を販売している。

 昨年は、東北から仕入れたマスカットサイダー110本を販売。売り上げの一部で、市内で避難生活を送っている家庭21世帯に「高梁紅茶」をはじめ、地元でつくられたお茶菓子セットをプレゼントした。

 9月8日に開催された今年のふれあい広場では、白石温うー麺めんや牛タンなどを販売。三村百合子会長は、「『おいしく食べて復興支援』をテーマに呼び掛け、皆さまが同じ思いで協力して下さったことに感謝です」と感想を話している。

 また、震災後の平成23年12月には、メンバーが市役所を訪問し、近藤隆則市長に「高梁市内で避難生活を送っている被災者に届けてください」と洗剤セットを寄贈。これに対し近藤市長は、「皆さまからの善意を確実に届けます」と感謝の言葉を述べた

活動報告一覧に戻る

このページの先頭へ