女性会活動報告

ホーム活動報告 > ご当地化粧品に女性の力 海の恵みで美の”おもてなし”(鳥羽女性会)

ご当地化粧品に女性の力
 海の恵みで美の”おもてなし”(鳥羽女性会)


▲記念式典で新商品をPRする野村会長(左から5人目)


▲パールプリンセスは肌に潤いを与えるボディ
用スキンケアジェル。価格は1500 円(税別)

 鳥羽商工会議所女性部が開発メンバーとして参画したオリジナル化粧品「PEARL PRINCESS」(パールプリンセス)」がこのほど完成し、市制施行60周年記念式典が開催された11月1日に販売を開始した。商品名は、同市に植えられているシャクナゲ「真珠姫」にちなんだもので、ボトルカラーにもこの花の淡いピンク色が採用されている。

 パールプリンセスの開発は、地域資源を活用して鳥羽の魅力たっぷりの商品で集客につなげようと、昨年9月に始動。県や市と連携し、同女性部、旅館組合の女性部、女将さんの会など、〝おもてなし〟の最前線にいる鳥羽の女性たちの関係団体が地元の御木本製薬の協力を得て商品化した。

 記念式典では、同女性部メンバーのほか、市の観光キャンペーンガールとして注目を集める中川静香さんをはじめとした「三世代海女」も登場。発売したての同商品をPRした。同女性部の野村操子会長は、「鳥羽の海由来の成分をたっぷり配合したこの商品は、プロジェクトメンバー全員の思いが詰まった自信作。使ってくださる多くの女性たちに、鳥羽の魅力が伝われば」と話している。

活動報告一覧に戻る

このページの先頭へ