女性会活動報告

ホーム活動報告 > 旧藩主の隠居所でチャリティー事業 お茶席と手づくり石けんが好評(大野女性会)

旧藩主の隠居所でチャリティー事業
 お茶席と手づくり石けんが好評(大野女性会)

 大野商工会議所女性会(福井県)は11月8、9日、市内の観光交流施設で開催された「越前おおの産業と食彩フェア」の会場で、お茶席とチャリティバザーを実施した。同フェアは、地域の商工業を市内外に発信して地場産業を活性化させようと、同所が毎年開催している大型イベント。今年は市内の77の企業が出展して自慢の技術や商品をPRしたほか、大野名産のサトイモや米の試食販売会、郷土料理「のっぺい汁」1000人分の無料配布なども実施。盛りだくさんのイベント目当てに、2日間で約1万6000人が来場した。

 同女性会のお茶席は、幕末の大野藩主・土井利忠の住居だったと伝えられる建物を移築した「藩主隠居所」が会場に。メンバーは一席300円で抹茶(和菓子付き)をふるまい、「広々とした日本庭園を眺めながらの一服は心が落ち着く」と女性や年配客の好評を博した。会場では、オリーブ油やカモミールなどの精油を使ったメンバー手づくりの石けんも1個350円で販売された。

 玉木千代美会長は、「地域の皆さんのご厚意で、売り上げの一部を福祉施設などに寄付することができた。今後も社会福祉に役立つ活動を続けていきたい」と抱負を語った。

活動報告一覧に戻る

このページの先頭へ