女性会活動報告

ホーム活動報告 > 善光寺で「打ち水」実施 20人がゆかた姿で涼しさ演出(長野女性会)

善光寺で「打ち水」実施
 20人がゆかた姿で涼しさ演出(長野女性会)


▲本堂前の石畳の地表面温度は、打ち水で54.1℃から44.1℃に下がった

 長野商工会議所女性会は8月5日、長野県など官民で実施している「さわやか信州省エネ大作戦・2015夏」の一環として、善光寺で井戸水を利用した「打ち水」を実施した。イベントには、メンバーのほか、当日飛び入りした観光客など約20人が浴衣姿で参加。境内の仁王門から本堂にかけて水をひしゃくでまきながら歩き、訪れた人たちに「涼しさ」のおもてなしを行った。

 同事業は、消費電力の高まるピーク時間帯(13~16時)に打ち水をすることで、省エネ意識の高揚と、信州長野の涼しさをPRするために企画された。平成24年から実施しているもので、年々注目度も高まり、参加者も増加している。

 同女性会では、「エコライフの推進」をテーマに、各種取り組みを積極的に展開中。打ち水のほかにも、省エネ・節電対策についての勉強会、上越火力発電所の視察研修、「マイ箸」・「マイバッグ」の普及・継続なども実施している。

活動報告一覧に戻る

このページの先頭へ