女性会活動報告

ホーム活動報告 > 平和願って奉納総踊り 800mを練り歩き(成田女性会)

平和願って奉納総踊り 800mを練り歩き(成田女性会)


▲最後は大本堂前で奉納総踊りを全員で舞った

 成田商工会議所女性会は5月7日、同所が成田市観光協会とともに開催した「成田山平和大塔まつり奉納総踊り」に参加した。まつりは昭和59年、世界平和と万民の幸福を祈願して建立された「成田山平和大塔」の落慶を記念して始められたもの。毎年5月に行われる恒例行事として地域に根付いており、今回で32回目となった。

 奉納踊りには、旧成田町7町をはじめ、28団体から約500人の女性が参加。JR・京成成田駅から成田山新勝寺に続く約800mの表参道を、成田山開基1070年を記念してつくられた、おそろいの浴衣を身にまとい、踊りながら練り歩いた。

 同女性会メンバーは運営に携わったほか、16人が踊り手として舞いを披露。訪れた観光客からは、温かい声援が送られた。

 同女性会は、「今年4月、『北総四都市江戸紀行・江戸を感じる北総の町並み』として、佐倉市、香取市、銚子市とともに同市が県内初となる『日本遺産』に認定された。これを機に、今後も成田らしいまちのにぎわいと、活性化を図っていきたい」と話している。

活動報告一覧に戻る

このページの先頭へ