女性会活動報告

ホーム活動報告 > 地元料理研究で地域振興へ 10年続く料理レシピづくり(中村女性会)

地元料理研究で地域振興へ
 10年続く料理レシピづくり(中村女性会)


▲調理後の食事会は楽しいひととき

 中村商工会議所女性会は、地域商工業の振興と社会福祉の増進および事業経営に参画する女性の地位向上を図る活動の一環として、地元料理の研究や伝承を目的に、料理レシピを作成している。同事業は平成17年、中村市が隣接する西土佐村と合併し四万十市となったのを機に、同所女性会と四万十市土佐商工会女性部が連携して行っているものだ。メンバーらは、伝統料理や地元の食材を使った季節に合う料理などを実際に調理して試食、作成したレシピは毎回、同所会報誌で紹介している。

 「約10年続けてきたので、これまでのレシピを小冊子にまとめることも考えている。今後は、伝統料理に限らず、新たなテーマを見つけるなど視野を広げて継続していきたい」と同所は話している。

活動報告一覧に戻る

このページの先頭へ