女性会活動報告

ホーム活動報告 > 環境問題に関する小学生の絵画展 応募は435作品(豊川女性会)

環境問題に関する小学生の絵画展 応募は435作品(豊川女性会)

 豊川商工会議所女性会は、小学4~6年生を対象に、「環境・ゴミ問題について感じたこと、思ったこと」をテーマにした絵画を募集し、9月22日に審査会を開催して優秀作品を選定・発表した。同事業は、豊川商工会議所創立50周年を記念して平成9年より開催し、今回で21回目。環境に配慮した生活が望まれる今日、小学生にも環境やごみ問題について考える機会をつくり、その家族、ひいては社会全体が環境やごみ問題に対する認識を深め、問題改善のための行動を起こすことを目的に実施している。

 今回は、応募作品約435点の中から日本商工会議所会頭・豊川商工会議所会頭賞に櫻井京介(さくらいきょうすけ)さん(6年生)の作品「Stop!温だん化」、豊川市長賞に伊藤康野進(いとうこうのしん)さん(5年生)の「生きかえらせようペットボトル」が選ばれたほか、全国商工会議所女性会連合会会長・豊川商工会議所女性会会長賞など10作品が選ばれた。全作品は9月29日〜10月1日、同所で開催した「第21回おもしろアイデア作品展・環境ゴミ問題絵画展」で展示した。

活動報告一覧に戻る

このページの先頭へ