女性会活動報告

ホーム活動報告 > 第2回ビズコン大賞決まる 女性起業家の輩出を推進(川口女性会)

第2回ビズコン大賞決まる 女性起業家の輩出を推進
(川口女性会)


▲大賞を受賞した田口さん(前列中央)と
女性会の町田治子会長(同右から2人目)ら

 川口商工会議所女性会は2月19日、昨年に続く「第2回ウーマンビジネスプランコンテストBIZCON(ビズコン)in kawaguchi 2020」の最終審査(公開プレゼンテーション)を市内のイベント施設で実施した。同コンテストは、市内在住・在勤などで起業予定または開業10年未満の女性を対象に募集。事業の市場性や将来性、経営者の熱意などを総合的に審査し決定する。当日は、13人の応募者から1次審査を通過した5人が事業内容や事業への思いを熱く語った(来場者95人)。

大賞と来場者投票によるオーディエンス賞を受賞したのは、「ただいま!って言いたくなる地域の台所」を目指す料理店、だしダイニング楓をオープンしたMy Sweets(マイスイーツ)代表の田口舞純さん。かつお節削り講座なども開催し地域の交流の場を提供している。優秀賞は、盆栽の普及を目指すはちす葉BONSAI喜楽園代表の飯村冬美さんと捨てられてしまうナシの利用法を提案した主婦の椿優子さん。そのほか2人が特別賞を受賞した。

この日は、全国商工会議所女性会連合会主催「第17回(平成30年度)女性起業家大賞」で最優秀賞を受賞したまつげ・エクステサロン、株式会社アイエフラッシュの南まゆ子さんが基調講演に登壇。また、昨年の受賞者らの近況報告を行った。大賞など受賞者には賞金が贈られる。同女性会は応募者(希望者)へのフォローアップも呼び掛けた。

活動報告一覧に戻る

このページの先頭へ