女性会活動報告

ホーム活動報告 > 「城下町つやま」の歴史と文化をテーマに市内各所でパネルを展示(津山女性会)

「城下町つやま」の歴史と文化をテーマに市内各所でパネルを展示(津山女性会)

商店街を行き交う人の目に留まった

 津山商工会議所女性会(野村澄子会長)は、「城下町つやま」の歴史と文化をテーマにしたパネルの展示を市内各所で行っている。パネルは、昨年度に同女性会創立50周年記念事業の一環としてメンバー全員で作成したもの。津山城・城東地区・城西地区の3委員会に分かれ、勉強会の開催、写真撮影、資料づくりなど、1年かけて15枚のパネルをつくり上げた。「津山城」では石垣などの構造を、「城東地区」では武家屋敷や津山洋学資料館について、「城西地区」ではまち並みの移り変わりなどを詳細に解説している。

 4月27日~5月8日までは津山駅近くの商店街で、6月5日~7月7日までは津山信用金庫でパネルを展示。今後もさまざまな場所で展示をし、「観光都市津山」の魅力を発信していく予定としている。

活動報告一覧に戻る

このページの先頭へ