女性会とは

ホーム女性会とは > 会長・副会長挨拶

会長・副会長

全国商工会議所女性会連合会 会長挨拶


会長 藤沢 薫
東京商工会議所女性会 会長

全商女性連は、昭和44年に設立し、今や417女性会、22,000人を超える会員を有する女性経営者団体に成長いたしました。これまでの長い歴史の中で、歴代の役員の皆様が叡知を結集され、築かれてきた歴史と伝統をいかに継承していくか、また、女性の活躍推進に強いスポットライトが当たる中での会長就任ということもあり、その責任の重大さに身の引き締まる思いでございます。

さて、わが国経済は、デフレ脱却からあと一歩というところまで来ました。これから持続的な成長経済を実現するためには、企業自らが成長する力を高めていかなければなりません。女性会のメンバーは、それぞれがいろいろな才能や個性を持った優れた経営者でおられます。一人一人が輝く存在として活躍することが重要であると存じます。

また、安倍政権は、「女性が輝く社会」の実現を成長の柱に掲げております。加えて、現在、中小企業が直面する人手不足への対応策として、女性をはじめとする多様な人材の活躍推進が極めて重要でございます。こうした状況下、人口減少、地域の疲弊などの課題が山積する中、我々女性会の役割は極めて大きく、同時に大きな期待が寄せられていると認識しております。個々の輝く存在が思いを一つに団結し、各女性会の活動をさらに強化していくことが何より大切で重要であります。全商女性連も全力でバックアップしていきたいと思います。

山崎前会長は「おもいやりの心」をテーマに、各地の女性会との連携のもと、積極的な活動を展開されてこられました。私は山崎前会長の思いを継承しつつ、第22期のスローガンとして、「勇気とやさしさ クリエイティブな発想と実践」を掲げさせていただきたく存じます。
まず、「勇気」とは、ものおじせずに立ち向かう気力であると思っております。加えて、正しい事は正しい、間違えていることは間違いだとはっきりと言えることも「勇気」だと、私は思っています。胸を張って正しい道を、そしてすべて公平であるよう皆様と共に歩んで参りたいと思います。

次に、「やさしさ」とは、素直で親切で情があり、決して人を傷つけるようなことはしない事だと思います。相手の立場に立って、思いやりを持ち、物を考える事でもあります。そして何と言っても、品格が有り、優美である事もやさしさだと思います。

また、「クリエイティブ」とは、創造力があり、何かを生み出す事です。Creative Powerとは、創造力・創作力を意味します。女性の目を通して、男性とは違う視点で、今世の中が求めていることを既成概念ではなく創造的な発想で捉え考える力だと思います。そして何と言っても、「前向きプラス思考」であると考えます。

地域で唯一の総合経済団体である商工会議所の一翼を担う重要な組織であることを改めて自覚し、これらの「勇気」と「やさしさ」、「クリエイティブな発想」を確実に「実践」し、「地域になくてはならない女性会」として存在意義を高めていけるよう、皆様とともに活動してまいりたいと思います。

全国商工会議所女性会連合会 副会長


  • 副会長 河内幸枝
    大阪商工会議所
    女性会 会長

  • 副会長 鈴木康代
    名古屋商工会議所
    女性会 会長

  • 副会長 河原隆子
    横浜商工会議所
    女性会 会長

  • 副会長 毛利ゆき子
    京都商工会議所
    女性会 会長

  • 副会長 鈴木美千子
    神戸商工会議所
    女性会 会長

このページの先頭へ